読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yokattara Yondemite?

 よく読まれている記事です*^_^*♪
▼  ▼  ▼

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』原作小説あらすじ・結末ネタバレと感想!"ぼく明日デート"が流行中?!

 

ぼくは明日、昨日のきみとデートする』は、読んだ後、心の奥深いところに やさしく静かに余韻を残す、はかなくも甘いラブストーリーです。

 

f:id:mamamassan:20160911221032p:plain

 

七月隆文氏の手による小説(文庫本)であり、彼にとっては初めての一般文芸作品にしてミリオンセラーとなりました。
大手の書評サイトや書店の特設コーナーでは長きにわたり好評を博し続けています。

エンディングでヒロイン愛美〔えみ〕の秘密を知ったとき、きっと最初から読み返したくなる・・・と話題ですが、果たして本当なんでしょうか・・・?? 

あまりの人気ぶりに映画化が決定したというので、と~っても楽しみにしているところです *^_^*♪
しかも主役がねぇ・・・むふ。

 

さて、そんなわけで今回は、『ぼく明日』こと『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』について語らせていただこうと思いますよ。

最後までお付き合いいただけましたら、オバチャン年甲斐もなく小踊りして喜んじゃうよっ*^_^*♪

胸キュンどころか、バズーカ砲でドキューンと撃ち抜かれる衝撃、というレビューが目立つ本作品。
準備はいいかい? 甘く見るとヤケドするぜっ。

 

原作者の七月隆文さんについて知りたい方はこちら!
 ⇒ 『ぼく明日』は著者がモデル?! 著者の年齢・本名や年収を徹底調査!!

 

スポンサーリンク

 

 

原作小説『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』 

f:id:mamamassan:20160911221455p:plain

 

【タイトル】ぼくは明日、昨日のきみとデートする
【略 称】ぼく明日〔ぼくあす〕
【著 者】七月 隆文〔ななつき・たかふみ〕
【種 別】ライトノベル(ラノベ)
【カバーイラスト】カスヤ ナガト〔かすや・ながと〕
【デザイン】山田 満明〔やまだ・まんめい〕
【発売日】2014年8月6日(水)
【大きさ】 15.2 × 10.6 × 1.6 cm(A6サイズ程度)
【言 語】日本語
【定 価】670円+消費税8%=724円(なぜ切り上げるのか・・・)
【出版社】株式会社宝島社(宝島社文庫)
【売上数】100万部超(2016年5月時点)

 

この種の小説はJK(女子高生)やJC(女子中学生)の間で『ラノベ(ライトノベル)』として流行しています。
『ライト文芸』とも言いますね。

昨今では『キャラノベ』とかいう呼び方も一般化しているとのこと。
へ~~~初めて知ったなぁ。

 

ベストセラーすぎて重版に次ぐ重版。
発売日の2014年7月から2016年5月までに、17刷の重版となったそうなんです。

 

書籍の人気を左右する『帯』。
これ、なにげに とっても大事だったりするようです。

2014年10月の2度目の重版のとき、『泣ける』と読者さんの声を入れた帯に刷新したところ、前月の3倍を超える売り上げを記録したんだとか。

 

朝の情報番組『ZIP!』でも紹介されたり。

 

 

そして、映画化の話題を受けて、宝島社は今年1月13日(水)、小説『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の公式サイトを開設しました。

1月24日(土)には朝日新聞(朝刊)にカラーで掲載されたりと、宣伝にも力が入ってます。

 

 

2月28日には読売新聞(朝刊)にてカラーで紹介されました。
この時点で80万部を突破していたんですね。

それから約3か月後の5月、めでたく100万部を突破したんですヽ(^o^)丿
本屋さんに平積みされた文庫分の帯に踊る『映画化』の文字が人気に拍車をかけたんですね~。

『映画化』が人気を再燃させ、9月10日には第22刷が出たようです。
帯もリニューアルされていて^^

f:id:mamamassan:20160912025034p:plain
出典:非公式FBファンページ

ああ、そうですねぇ。
9月8日から映画の公開日12月17日まで100日カウントダウンが始まりましたねぇ。 

 

ところで・・・この『100万部突破』が宝島社の公式サイトで報告されたのが2016年5月23日。
そして5月23日といったら、高寿と愛美の運命に大きく絡む日付です。
ちょっと背筋がゾワッとして、その後ブワーッと感動の波がやってきます (T_T)

 

何が鳥肌モノで、何が感動モノだったのか。
ネタバレは記事の最後にありますので、どうしても観る前/読む前に知りたいわ、知ってしまっても知らなかったものとして楽しめるからいいのよん、という方のみどうぞです *^_^*♪

 

 

原作小説『ぼく明日』のあらすじ

 

4月のある日、「ぼく」は「きみ」を見つけた――。

 

高寿は、京都にある木野美大の2回生。
いつもの電車の中で、ある日、彼は見ず知らずの美しい女性、愛美と出会います。

一目惚れでした。

電車を降りて去っていく彼女のあとを、高寿は、何かに背中を押されるように追いかけます。

 

あの・・・えっと・・・・・・あっ、そうだ! メアド教えてくださいっ!!
電車の中で見て・・・その・・・一目惚れしました。

いきなりでびっくりかもしれないけど、本当なんです。

 

こうして2人の交際はスタートしました。
ほのぼのとした時を共に過ごす2人。

でもその幸せは長くは続きませんでした。
愛美はある重大な秘密を隠していたのです。

 

その秘密を知ったとき、きっと読み返したくなる――。

 

でも意外とバラすの早かったっていうね。
そこがちょこっと残念賞。

 

さて、愛美が隠していた『秘密』とは、いったい何でしょう。
文字だけで読むと、私のようなオバチャンの頭では『つじつま』がなかなか合わず、理解が難しい。
戻っては読み、戻っては読み・・・ちょっと疲れました。
ライト(Light)ノベル(Novel) = 『軽めの読み物」のはずだったんですが、結構ヘビーでした(笑)

 

ザックリ一言で表すと、『甘く切ない恋にSF要素がプラスされた物語』です。
でも、作者の七月氏は『甘く切ない恋愛』要素を優先したかったのか、SF設定はかなり甘いです(笑)

しかしながら、細やかな情景描写、現実に則した風景などを捉えるのはとても上手で、これに『絵』と『音』がついた映画は本当に素敵だろうな、と思います。
『絵』がついただけでかなりステキですもん。

 

・・・・・・伝わりますかね、魅力。
『あらすじ』だけ読んでもぜんっぜん分かんないわ、という方のために、ネタバレも用意しています。最後にね^^

 

 

『ぼく明日』が漫画本でよみがえる!

 

漫画版『ぼく明日』第1巻

2016年7月11日に発売されたばかりの できたてホヤホヤです。 
イラストは大谷紀子さん。


  

小説版『ぼく明日』

2014年8月6日


  

韓国語(ハングル語)版『ぼく明日』
  

ベストセラーすぎて今年2月には韓国語訳(ハングル語版)も出版されたもよう。

 

楽天市場で取り扱いがありました。
サイトへGO
 ⇒ ぼくは明日、昨日のきみとデートする(韓国書・ハングル)

 

このイラストは宝ヶ池駅(京都市左京区)。
この駅で高寿は電車から飛び降り、愛美のあとを追いました。

もちろん実在の駅でございます。
『ぼく明日デート』にいかがですか^^

 

ところで、この表紙のハングル文字、こう読むんだそうです。

 

ぼくは昨日、明日のきみと会う。
七月隆文

彼女の秘密を知った瞬間、きっと最初から読み返したくなる。

一目ボレだった。
学校に行くときいつも利用するその電車の中で、ぼくは突然、恋に落ちた。

 

涙が出た――。
書評専門サイト『読書メーター』で大人気!!

 

なんやビミョーに惜しいハングル訳でした。
昨日 会うてもーとるがな(笑)

略して『ぼく明日』ならぬ『ぼく昨日』???!
日取りを決めて会うのが難しそうっすね(笑)

そうでなくても『日取りを決めて会う』のが難しい2人なのに。
・・・あらイケナイ。ネタバレしてしまうところでした (//∇//) 

 

 

登場人物

 

南山 高寿〔みなみやま・たかとし〕

f:id:mamamassan:20160911232859j:plain
出典:www.amazon.co.jp

20歳。
呼び名は「たかとしクン♡」⇒「たかとし♡」 

この物語の主人公で、京都にある木野美術大学のマンガ学科2回生。

 

映画では福士蒼汰〔ふくし・そうた〕さんが演じます。

f:id:mamamassan:20160911233145p:plain
出典:www.bokuasu-movie.com

オバチャンは福士クンが大好きなんですが・・・この役に限っては、ビミョーに惜しい。
「はかない恋愛」がちょっと違うんですよねぇ。

え? 何が違うかって?

福士クンは「オレ思うんですけど、青石さんオレのことたぶん好きですよ。」なんですよね、オバチャンの中では。
すなわち、賢さと謙虚さと自信を合わせ持った、若い人に似合わない堂々とした感じというかですね。
分かります? あ、ワカリマセン? ははは。

でもステキ。ステキです。きっとステキです。ウン、間違いない。
福士クンにキュンキュンさせられる自分の姿が目に浮かぶようです。
お隣の方、キュンキュンうるさくしちゃったらゴメンナサイ。

・・・あ、イケナイ。
このブログ、夫が読んでるかもしれない(笑)

 

福寿 愛美〔ふくじゅ・えみ〕

f:id:mamamassan:20160911232915j:plain
出典:www.amazon.co.jp

主人公の高寿と同い年の20歳。
呼び名は「えみちゃん♡」⇒「えみ♡」

この物語のヒロインで、秘密をにぎるキーパーソンでもあります。
京都にある美容師の専門学校に通っているそうです。
学校や友達は出てきませんが。

どこか はかなげなところのある美人さんだけれども、実は気配り上手でチャキチャキ動くシッカリ者でもあることが付き合ううちに分かってきます。
食べ物にはびっくりするほどのこだわりを見せることや、さみしがり屋であることも――。

高寿に電車で一目ボレされて追いかけられ、声を掛けられたことから、2人は恋人どうしの関係に。
って文字で読むと けっこう気味の悪い感じで始まった恋にも聞こえるけど・・・漫画にするとキレイに見えるから不思議(笑)

たぶん福士クンが演〔や〕ると爽やかで軽やかで可愛らしさ全開なんだろーなぁ・・・。
( ↑ ヒロインの紹介じゃなくなってるってば)

 

あと、どーでもいい情報だけど、ゲームが ど下手くそ(笑)


感激屋で、よく感動の涙を流して高寿を驚かせます。

「また会える?」と聞かれてポロリ。
「えみちゃん」「たかとしクン」と呼び合ってはジンと来てポロリ。
飲みの席では「これからも高寿クンと仲よくしてあげて」と言って号泣。

 

映画では小松菜奈〔こまつ・なな〕さんが演じます。

f:id:mamamassan:20160911233224p:plain
出典:www.bokuasu-movie.com

かわいいです。とっても。

かわいいんですけど・・・物語のカギになる何か重大な秘密を隠し持っているようには見えないところがオバチャン的にはちょっと残念。

ていうか、ていうか、福士クンの相手役は綾瀬はるかサンでイメージ固まっちゃってるから何か違和感がぬぐえないというか。

・・・分かんなかったらゴメンナサイね。
でもこの記事を読んでくださっているアナタはきっとオバチャンと同じように福士クンが大好きなのでドラマは欠かさず見ているはず・・・。

 ⇒『きょうは会社休みます。』を無料で立ち読みしてみる
   まとめ買いがおトクなクーポンがついてくるらしい。

 

上山 正一〔うえやま・しょういち〕

主人公・高寿の幼なじみで親友。
幼稚園に入る前から20歳の現在も続く、長~い付き合いの友人。

『くらわんか』というレストランでアルバイトをしています。
高寿が恋の悩みを相談しに行った夜、「料理人になる!」と宣言して高寿を驚かせます。

194cmの長身を誇るイケメンで、高寿とは対照的な、いわゆるモテ男ですね。

f:id:mamamassan:20160912010608p:plain
出典:s.cinemacafe.net

映画では東出昌大〔ひがしで・まさひろ〕さんが演じるんですが、東出さんの身長は189cmなので、ビミョーに惜しい。

写真の真ん中に写っているのが上山正一こと東出昌大さんです。
左はご存じ福士蒼汰クン、そして右側に写っているのが三上監督でございますね。

 

スポンサーリンク

 

 

聖地巡礼『ぼく明日デート』のススメ?!

 

あえて勧めはしませんけどもね。
でも純粋に京都は素晴らしいところなので、個人的には行ってみたくもあります^^

それにしても、すごいんですよ、ファンの聖地巡礼フィーバー。
『君の名は。』の聖地巡礼も、騒音や深夜徘徊などが横行し、深刻な社会問題となってしまっていたり。
ロケ地の自治体が公式サイトで注意喚起するほどです。

 

まさか『ぼく明日』ファンのあなたに限ってそんなことにはならないでしょうけれども、一応言わせておいてくださいね。

高寿と愛美の大切な思い出の場所なので、いちファンとして、やっぱり大切にしてあげてほしいなと思います^^

 

 

高寿の引っ越し先のアパート

 

さて、その熱狂的なファンの一部の方々は、高寿の引っ越し先のアパートの部屋が実在するってんで訪ねていって。
部屋の中がどんなふうになっているのか・・・でも見ることができない、というので、このファンの方々が導き出しそうになった答えに驚愕ですよ。

「お金を出し合って、高寿のアパートのあの部屋を共同で借りる」

お・・・おぉ。ファンの方の思考回路はスゴいな、と。
私であれば、そこへは考えが及びませんもんね。

f:id:mamamassan:20160912011052p:plain
出典:blog.livedoor.jp/mn3356/

漫画に出てくるコイン式の洗濯機は そのまんま!
忠実に再現されてるんですねぇ。

映画でも出てくるのかな~。
こうやって書いていると、お目にかかるのがドンドン楽しみになってきますね♪

 

さて、すったもんだあって、高寿は、引っ越し先のアパートに愛美を招き入れます。
(漫画では第9話に当たります)
一人暮らしの「ぼく」の部屋に「きみ」が遊びに来る・・・。
純愛モノなので、にゃんにゃんはありません。残念賞(笑)

そんなそんなそんなわけで、漫画版の第9話で室内の様子が分かったため、ファンの皆さんの共同賃貸計画は お流れになったようです。ホッ(笑)

私にはチョット理解できないんですけどね。
京都の観光名所とか、美味しい食べ物が食べられるお店とかであれば、ロケ地なのか~~へ~そーなのか~~と感慨にふけりつつ巡礼するのも楽しそうですが、アパートや洗濯機を見てどうするっちゅう・・・。

それがファン心理というやつなんですかね。
例えば嵐を見に武道館とか行くのと同じですかい。
家でテレビの画面で見たほうが大きく、よく見えるっていうね。

・・・ちょっと違うか(笑)

 

 

実在するカフェ『油長〔あぶらちょう〕

京都は伏見の商店街の中にあります。
ロールケーキが絶品(と愛美が言ってました)。
ぜんざいと迷って迷って こっちにしてよかったね、愛美ちゃん。

f:id:mamamassan:20160912011921p:plain

わわわ、本当に美味しそうです♡♡♡
『ぼく明日』著者の七月さんも絶賛。

 

 

ロケ地になったとかとは関係なく、純粋に、訪ねて味わってみたいですね。

個人的には『宇治吟醸酒氷』が一番気になるカモ♬
吟醸酒と抹茶を合わせたシロップをかき氷にかけて頂くんだそうです。

かけるだけならカンタン♪
・・・だからって、家でやろうとは思いませんけどね(笑)

 

 

2人がデートでよく行ってたスタバ

 

 

さすが京都。というか。
同じスタバでも、片田舎のそれとは ひとあじ違って、いちいちオシャンティーですねエェ・・・いやはや。

 

スポンサーリンク

 

 

ネタバレ~結末

 

キーワードはコレですねん。

「あなたの未来がわかるって言ったら、どうする?」

 

高寿に「また会える?」と言われただけでポロポロ泣きながら飛び付いて「大丈夫」と言ってみたり。
高寿の描くキリンの絵を見て「教室に貼り出されるやつだ!」と予知してみたり。
喫茶店で「ゆうこ」という名前を聴いて、思わず「あっ!偶然だねぇ」とか言って高寿を驚かせたり。
「高寿くん」「愛美ちゃん」と呼び名を変えて呼び合っただけで泣いてみたり。

ちょっと不思議で涙もろい愛美。

 

実は彼女・・・高寿の生きる世界と隣り合わせのパラレルワールドから来ているんですって。
愛美の住む世界では、高寿とは時間が逆に進んでいます。

だから愛美は、

●高寿の絵が教室に貼り出されること
●高寿の小説に「ゆうこ(優子)」というヒロインが登場すること

などを知っていたんです。

だから愛美は、

●「また会える?」と言われただけで泣いたり
●「高寿くん」「愛美ちゃん」と呼び名を変えただけで泣いたり

普通では考えられないくらい涙もろかったんですね。

 

追記:2016年9月18日

ピンときました。「アハ体験」ってやつです。
すごーく今さらですが、まぁ聞いてやってくだせぇ。

高寿と愛美が、デートのとき『一気読みした漫画の名前』を「せーの」で言うシーンがあるんですが、そのとき2人は「ガラスの仮面!」て言うんですね。

あれって、高寿にとっては過去に起こったことだけれども、愛美にとっては未来のことであって、本当に『ガラスの仮面』を一気読みしたことがあるわけではなかったんです。
一気読みはおろか、発行さえされていなかった可能性もありますよね。

そうだった・・・そうだったんですよねぇ。

高寿との別れの前日、愛美は、高寿との未来(高寿にとっては過去)を変えたくないから・・・と、ささいな思い出ひとつひとつを、愛美にとっての『未来』を知っている高寿から詳細に聴き取り、そのとおりの毎日を生きるのです。

だから、本当の愛美は『ガラスの仮面』を知らなかったのに、未来の高寿から聴いていたから「ガラスの仮面!」と答えた、ということだったんですねぇ。

と気づいてから読み返せば、『高寿にとっての未来』を必死にトレースしようとしていた愛美の姿に気づきます。

けなげな愛美。
小説の帯に書いてあったとおり、確かに読み返したくなりますね (T_T)

 

おトクに読める電子書籍を見つけたので、ついでに紹介しておきますね。
 ⇒『ガラスの仮面』を見つけたらラッキー☆

小学校のとき習っていたピアノの教室に置いてあって、レッスンの順番を待つ間に読んでました。
なつかしいなぁ。

 

 

で、結末。

『彼のもとにたどり着いた』?????
ん~~~・・・ちゃんと読んでも分かんなかったんだけど。
アタシは頭が悪いのか???

 

気になる方は、ぜひ読んでみてくださいね。
 ⇒ ぼくは明日、昨日のきみとデートする [ 七月隆文 ]

 

え~~~映画の前に読みたくないって?
いえいえいえ、全っ然、大丈夫です。
原作を読んでもなお、映画の『ぼく明日』は絶対に見たい!って思いますから。

 

 

感想とか雑感とか胸キュンポイントとか

高寿の言葉にウルウル来てる愛美がいちいちかわいいです。
オバチャンから見ても、本当にかわいいです。

あ、いや、これは漫画の絵を見ての感想なので・・・。
小説の文字だけでは・・・オバチャン想像力が豊かではないので、やっぱり絵つきがいいですな(笑)

 

作品中では、でも、福士クンにキュンキュンくるんだろうなぁ。
原作を読んでても、結末を知ってても、それでも映画を見たくなるんだろうなぁ。

福士クンと小松サンは、2人の『時』の流れを、心は近いのに『時間』だけがどんどん離れて行く、その心のスキマと陰を、どんなふうに魅せてくれるかなぁ。

 

うっ・・・・・・考えただけで泣きそうだなぁ (T_T)

 

劇場公開は2016年12月17日(金)。
ひとりで行って、泣いてこよう・・・。

 

 

が・・・

 

小説とは関係ないんで、取りあえず書くのガマン しときますですハイ。

というわけで、現場からは以上です (^_^ゞ 

 

原作者の七月隆文さんについて知りたい方はこちら!
 ⇒ 『ぼく明日』は著者がモデル?! 著者の年齢・本名や年収を徹底調査!!

 

スポンサーリンク

 

 

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました *^_^*♪