読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yokattara Yondemite?

 よく読まれている記事です*^_^*♪
▼  ▼  ▼

フリースクール校長・廣岡政幸のwikiプロフと経歴!伊藤学校って義務教育?資格は?

 

いつも私のブログをご訪問くださり、ありがとうございます *^_^*♪

 

1月16日(土)22:30~のクロスロードでは、非行少年ひきこもり不登校などに向き合うフリースクール校長・廣岡政幸〔ひろおか・まさゆき〕さんが紹介されます。

 

f:id:mamamassan:20160116183241p:plain
出典:tv-tokyo.co.jp

 

クロスロードは、ネプチューン原田泰造さんがナビゲーターを務める「応援ドキュメンタリー」。

廣岡政幸さんは今回、2か月間にも及ぶ超ロング密着取材を受けられたのだそうですよ~。

ヤヴァいのが映っていないか心配だ、とFBでつぶやいておられました(笑)

 

今回は、フリースクールというものについて、また廣岡政幸さんについて、そしてワンステップスクール伊藤学校が一体どんな学校なのか、義務教育なのか資格は要るのかなど、種々調べてみました。

最後までお付き合いいただけましたら幸いです *^_^*

 

 

子供たちの「心」を救う活動をしている方の記事です。
こちらもぜひ読んでみてくださいね!
 ⇒ 岡田倫代のプロフと経歴!大学は医学部でなぜ定時制高校教師に?
 ⇒ 藤原 茂さんが“くっそーサンタ”に(笑)「子ども夢ハウスおおつち」

 

  

スポンサーリンク

 

 

 

フリースクールって何?

 

f:id:mamamassan:20160116214116p:plain

 

不登校引きこもり、また指導要領に沿ってカリキュラムが進められる いわゆる “通常” の学校になじめない・・・。
さまざまな悩みを抱えた子供たち、また問題に直面している子供たちを受け入れている、非学校的な施設のことを指します。

 

子供たちが学校に行けなくなる理由はさまざま。
そんな子供たちの受け皿として、「教育を受ける権利」を守るため、そして子供たちが安心して過ごせる居場所として注目を集めているのが「フリースクール」なんです。
学習指導要領にとらわれない教育の実現が可能なため、その在り方は自由で独創的。
子供たちにとっての重要な選択肢の1つになっているのです。

フリースクールの規模や活動内容は多様。
10人に満たない小規模のものもあれば、大規模なものでは100人を超えるものまで。
また、不登校の子供を受け入れて「フリースクール」と称している学習塾もあるそうです。

 

今回 紹介される「ワンステップスクール伊藤学校」は全寮制のフリースクールです。
問題を抱えた青少年、そして大人のひきこもりにも対応しています。 

ワンステップスクール伊藤学校には、「荒れ狂う娘の言葉の暴力が怖い」と家出のシングルマザーが駈け込んでくることもあるのだそう。

現在(執筆時)、ワンステップスクール千葉校には、13歳から47歳まで、40名の入寮者が共に生活しているということです。

そういった相談があったときは、フリースクールの職員が相談者と共に自宅を訪れ、間に入って三者で話し合うなど、解決に尽力してくれたりもするんです。

 

引きこもりの子供を持つ親は、向き合うことを恐れる場合が多いんだそうです。
不登校や引きこもりは、ただの横着や怠慢なんかじゃありません。
子供なりにちゃんと理由があるんですよね。

腹を割って話すこと、静かに目を見て話すこと、そして何より、子供の気持ちに寄り添い、傾聴することが大切なんだと思うんです。
話を聴いてもらえそうにないと判断したら、子供は口を閉ざしてしまいますから。

 

廣岡先生は言います。

人は変えることができない。本人が気づかなければ。

 

気付かせてやることができるんですね。

それは実体験に基づく廣岡氏の絶対の自信でもあるようです。

 

◆1998(平成10)年5月 NPO法人フリースクール協会が設立される
 「学校教育」という枠組みにはまらず、子供たちに安心できる居場所と学びの場を提供することを目的として設立されました。
 現在、会員は37団体。まだまだ知名度も低いのかもしれませんね。
 不登校・引きこもり・中退者などの電話相談を受け付けたり、情報を提供したり、保護者や教育機関との連携を図り、講演会・相談会などを実施しています。

 この季節になると、不登校児の進学についての相談会やセミナーも開催されているようです。

◆2000(平成12)年ごろ~ 全国各地のフリースクールのネットワーク化が始まる
 合同で文化祭、スポーツイベント、スタッフ養成のための研修会なども開催されているそうです。
 全国のフリースクールで「フリースクールフェスティバルフリフェス)」という名前のイベントも開催され、ジャグリングや音楽を披露したり、芸術的な作品を展示したり、子供たちがそれぞれ得意な分野で活躍しています。

◆2001(平成13)年 NPO法人フリースクール全国ネットワークが設立される

◆2004(平成16)年 東京シュタイナーシューレ(神奈川県)が法人格を取得

◆同年 学校法人シュタイナー学園が設立される

 

 

廣岡政幸さんのプロフィールと経歴

 

f:id:mamamassan:20160116185047p:plain
出典:masamills.com

 

【名前】廣岡 政幸〔ひろおか・まさゆき〕

【生年月日】1981(昭和56)年6月7日(日)

【年齢】34歳(執筆時)

【干支】酉年

【星座】双子座

【血液型】AB型

【結婚】一般の方のため公表されていません

【家族】一般の方のため公表されていません

【出身地】千葉県

【学歴】
 ◆1994(平成6)年 
千葉市立こてはし台小学校を卒業
 ◆1997(平成9)年 千葉市立こてはし台中学校を卒業
 ◆同年 敬愛学園高等学校に入学 ⇒ 1年で中退
 ◆2000(平成12)年 Avondale College〔エイボンデール大学〕を卒業
  “collage” は、日本語で言うところの「短大」とは異なり、中高一貫教育を行う教育機関を指します。
  エイボンデール大学は、ニュージーランド最大の都市オークランドにあります。

【職業】
 ◆
教育カウンセラー
 ◆学校経営者
 ◆企業家
 ◆青少年育成コーディネーター
 ◆一般社団法人 若者教育支援センター代表理事
 ◆ワンステップスクール伊藤学校(東京本校)校長

【受賞歴】
 ◆第28回「人間力」大賞(青年版国民栄誉賞)2014年 総務大臣奨励賞

 

f:id:mamamassan:20160116221312p:plain
出典:masamills.com 右が廣岡政幸

 

 1987年より日本青年会議所が主催している賞。
 さまざまな分野で積極的に活動したり挑戦したりしている若者に与えられる賞なんだそうです。

 有名人では、

  • 1995年「TOYP大賞」向井千秋さん(宇宙飛行士)
  • 1990年「TOYP大賞」橋本聖子さん(元スピードスケート選手)
  • 1989年「TOYP優秀賞」伊藤みどり(元フィギュアスケーター)
  • 1999年「TOYP大賞」荻原健司さん(元スキージャンプ選手)
  • 2000年「厚生大臣奨励賞」東ちづるさん(女優)
  • 2003年 文部科学大臣奨励賞 陣内貴美子さん(元バドミントン選手)
  • 同年「厚生労働大臣奨励賞」沢田知可子さん(歌手)

 等がいらっしゃいます。

 

廣岡さんは、幼いころかかった病気のため、足に重度の障害が残ってしまったのだそうです。
そのことが原因で、小学校ではひどいいじめに遭いました。
自分だけが体の自由がきかないことで ひねくれて、小学校5年生ごろからは、タバコを吸ってみたり、深夜徘徊してみたり、盗んだバイクで走り出したりしてみたそうです。
さらには人を傷つけたり、恐喝してお金を巻き上げたりと、手のつけられない、いわゆる「非行少年」でした。
高校も1年で中退しています。

その後、両親の勧めでニュージーランドに渡り、2年間の自立・更生指導を受け、立ち直るのです。

しかし「海外療育プログラム」を終えて故郷・日本へ帰ってきた廣岡氏は愕然。
両親が離婚していたんですね。

失意の中に居ながらも、ボランティア活動などに精を出す廣岡氏。
そこで伊藤幸弘さんと運命の出会いを果たします。
これが人生の転機になったのだと廣岡氏は語ります。

自分の経験が誰かのためになるかもしれない。
悩んでいる人たちを救うことができるかもしれない。

それがワンステップスクール伊藤学校を設立したきっかけでした。

 

 

誰かに似てると思ってたのよね

 

このお二人のコンビ名がどうしても思い出せなかったんですが、先ほど天から降臨したので更新しました(笑)

f:id:mamamassan:20160117010645p:plain

出典:search.yoshimoto.co.jp

 

チョコレートプラネットという、何だかバレンタインにピッタリの甘~い名前のお二人ですね!

この左側の方、長田庄平〔おさだ・しょうへい〕さんとおっしゃるんですが、この方によく似てるな~と思って見てました。

え? 似てない???

・・・・・廣岡先生のほうがオトコマエですね(笑)

 

 

スポンサーリンク

 

 

ワンステップスクール伊藤学校って義務教育なの?

 

f:id:mamamassan:20160116214501p:plain
出典:ワンステップスクール伊藤学校Facebookページ

 

もちろん義務教育とは違います。

 

ワンステップスクール伊藤学校では、子育てに悩み、行き詰まった親からの相談を受け、不登校・引きこもりなど、さまざまな家庭問題の修復を行なっています。


出典:YouTubeチャンネル「Mills MASA」

子供たちは、さまざまな体験を通して、人と一緒に生きることの大切さ、難しさなどを学習していきます。

 

大人の引きこもりにも対応します。


出典:YouTubeチャンネル「Mills MASA」

廣岡さんは、膝をついて腰を落とし、視線を同じ高さにして、真っすぐ見据えて、断固とした口調で語りかけています。
親にも心を開かなかった35歳の引きこもりニートが廣岡さんには心を開く・・・不思議です。
痛みを知っている人の言葉だからこそ響くのかもしれませんね。

そして、やはりこの方も引きこもりの引き金は「いじめ」・・・。

PTAの押し付け合いひとつ取ってもそうですが、「人の嫌がることはしない」「自分がされて嫌だと感じることは人にしない」、この人間としての基本的な心遣いのできない大人が減らないのですから、子供に「人を傷つけないよう」指導したって無理というものだと思うわけですよ・・・(―"―)

 

ちなみに、全国のフリースクールには、義務教育期間中の児童・生徒については、通常どおりの「出席」扱いとなる施設も存在するようです。

ただし、教育委員会に相談後の出席に限られる場合もあるようですから、一度 問い合わせてみられるといいですね^^

もし現在 子供さんが通っておられるのであれば、その施設・機関・塾などがその機関に当たるのかどうか、また詳しい条件なども確認されることをお勧めします。

 

 

ワンステップスクール伊藤学校ってどんな学校?

 

ワンステップスクール伊藤学校全寮制フリースクールです。

 

【名称】ワンステップスクール伊藤学校

【運営会社】一般社団法人 若者教育支援センター

【代表理事】廣岡 政幸〔ひろおか・まさゆき〕

【名誉顧問】伊藤 幸弘〔いとう・ゆきひろ〕

【連絡先】03-5985-0622(初回電話相談無料)

 

精神科医、元少年鑑別所長、子育て協会所長らを顧問に置いています。

子供たちだけでなく、大人の引きこもり、ニートなどにも対応しているのだそう。

 

名誉顧問を務める伊藤幸弘〔いとう・ゆきひろ〕さんは、暴走族の総長も務めたことがあるというツワモノ。

 

f:id:mamamassan:20160116221705p:plain
出典:ito-yukihiro.com 左:伊藤幸弘氏 右:廣岡政幸氏

 

母親を早くに亡くしたことから、傷ついた心をぶつけ、癒やしてくれる場所を求めて、非行に走ってしまったのだそうです。

人を傷つけ、そして自分も傷つき、そんなことを繰り返すうち、自分と同じように心のよりどころをなくしてしまった子供たち、やり場のない悲しみや怒り、悩みを持つ子供たちのために生きると決めたのでした。

現在まで5,000人を超える人の悩みに向き合ってきたのだそうです。

 

寮には、自立・更生を支援する専門スタッフが常駐。

毎日 7:30に起き、23:00に就寝します。

食事・入浴・学習、特別プログラム、自由時間などが決められています。

炊事や洗濯、掃除などは班に分かれて行います。

そして、寮周辺のゴミ拾いや災害支援、農林水産業などのボランティアに積極的に参加させ、社会性などを養います。

 

 

伊藤学校に入るためには資格が要るの?

 

資格は要りません。

 

 

ちなみに費用はいかほど・・・?

 

請け負っている機関によってさまざまのようです。

 

千葉校のみ値段が分かりました。

約20万円/月ということです。

その他の学校も おおかた同程度ではないかと思うのですが、詳しくはそれぞれの学校まで問い合わせてみてくださいね。

問い合わせ先:03-5985-0622

  • 東京本校
  • 千葉校
  • 名古屋校
  • 静岡校
  • 奈良校
  • ニュージーランド校

 

講演会の予定

 

子育てシンポジウム

第2回 子育て勉強会

2016年1月24日(日)13:00~16:00

 

 

フリースクールについて思うこと

 

日本の教育は大失敗 ですね。
こればっかりは、声を大にして言わせていただこうと思います。

 

いろんな親がいて、いろんな家庭があり、いろんな立場の子供がいて、そしてそれぞれに深い悩みがあります。

どんな子供でも受け入れる広~い視野広~~~い器が必要なんですね。

その役割を果たしてくれるのがフリースクールです。

一度 道を外して、痛みを味わった人にしか救えない魂がある。

順風満帆に階段を上ってきたエリート官僚に世直しはできないんだろうな、ということをあらためて感じました。

全国に、「普通」に生きられない子供たち、大人たちを受け入れる場所がたくさんできて、懐の深い大人が増えて、人に優しい社会になっていくといいですね・・・。

 

 

子供たちの「心」を救う活動をしている方の記事です。
こちらもぜひ読んでみてくださいね!
 ⇒ 岡田倫代のプロフと経歴!大学は医学部でなぜ定時制高校教師に?
 ⇒ 藤原 茂さんが“くっそーサンタ”に(笑)「子ども夢ハウスおおつち」

  

 

スポンサーリンク

 

 

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました *^_^*♪