読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yokattara Yondemite?

 よく読まれている記事です*^_^*♪
▼  ▼  ▼

漫画家・大谷紀子のwikiプロフ!!代表作"ぼく明日"の舞台は奈良県??年齢・本名や結婚・旦那・子供も調査!!

 

ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の漫画版を担当されている大谷紀子先生。
熱心な漫画ファンでもなければ、ご存じないかもしれませんね。

f:id:mamamassan:20160916123700p:plain
出典:konomanga.jp

今回、『ぼく明日』の映画化が決定したことを知ってから、いくつか記事を書いてきました。

 

◆『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』原作小説あらすじ・結末ネタバレと感想!"ぼく明日デート"が流行中?!

◆七月隆文原作の『ぼく明日(小説)』は著者がモデル?!著者の年齢・本名や年収・印税を調査!!

 

超人的ガンバリで書きました。ぜひ読んでみてくださいね ♬

 

その過程の中でイチバン驚き、感動したこと――。

なななんと!!
大谷紀子先生って、岡山県のご出身だったんです。
どっ?! どどどど 同郷、同郷、同郷!!!
しかも近くを走ってる線路が JR吉備線!!!

しかもしかも、現在は『桃太郎線』に改名したのご存じなかったとは(爆)(←改名どーでもヨシ)

今年のお盆前、8月1日(月)ごろ、わやくそ近くにおったんぢゃな先生!!
また岡山に帰っておいでぇな先生!!(←津山では「帰ってきんちゃい」と言う。かわいい。)

しかも血液型まで一緒♬
わ~~~大コーフーーーン (*゚∀゚)=3 ハァハァ

 

というわけで(←どーいうわけなんだか)今回は、『ぼく明日』のキャラクターたちに命を吹き込み、七月隆文作品を色鮮やかに生まれ変わらせた、大谷紀子先生について語ってみたいと思います。
最後までお付き合いいただけましたら、筆者メチャ喜びます *^_^*♪

 

スポンサーリンク

 

 

大谷紀子先生のwiki風プロフィールと経歴♬

 

【名 前】大谷 紀子
【読み方】おおたに・のりこ
【英語表記】Noriko Ohtani

※ 本来は“Otani” “Ootani”とするほうがよいのかもしれませんが、大谷先生みずからTwitterアカウントを『noriko_ohtani』としていらしたので、あえてこう表記しました^^

【本 名】大谷 紀子〔おおたに・のりこ〕(たぶん)
【性 別】女性
【誕生日】4月16日
【年 齢】調査中です (^_^ゞ
【星 座】牡羊〔おひつじ〕
【血液型】B型
【出身地】岡山県岡山市
【兄弟姉妹】お姉さん
【結 婚】調査中です (^_^ゞ・・・まだっぽいなァ
【旦 那】調査中です (^_^ゞ
【子 供】調査中です (^_^ゞ
【出身高校】岡山県立岡山工業高等学校 デザイン科
【現住所】神奈川県川崎市

あごひげあざらしの『タマちゃん』で有名になった多摩川のそばです。
調布の花火を部屋から寝転がって見る、というほど近いようですぞ。

【職 業】漫画家
【初の作品】中学校3年生(高校入学直前の春休み)⇒別マに投稿!
【デビュー年】調査中です (^_^ゞ
【デビュー作】涙でstart!
【ペット】うさぎ2羽『おんちゃん(写真)』と『??ちゃん』

f:id:mamamassan:20160914005208p:plain

ちょっと離れただけで『うなぎ』って書かれた幟〔のぼり〕が『うさぎ』に見えるぐらい大好きなんだそうですよ(笑)

ホラこのとおり。
  ↓ ↓

 

それにしても先生、2羽いるウサギのうち1匹が『おんちゃん』ってことは、このコはオスで、もう1匹はメスの『めんちゃん』なんじゃないでしょうねぇ・・・と疑問を残しつつ。
先生のツイッターなどにまた登場するかもしれませんね。

 

【好きなもの・こと】お酒、カラオケ、うさぎ(笑)、ラジオ、甘いもの、神社仏閣巡り
【好きなタレント】ハロプロ
【ハマっていること】温泉・サウナ
【ゲーム】ポケモンGO!
【特筆事項】ダイエットのために日々クロスバイクで走っているもよう

 

クロスバイクというのは このようなチャリンコのことですね。
  ↓ ↓

f:id:mamamassan:20160914030004p:plain

 

年齢・本名や結婚・旦那・子供さんについては、現在、参考になる情報がありませんでした。
映画の公開と同時に知名度が上がってくるでしょうから、分かるときが来るかな・・・?

新しく情報が入れば追記していきますね^^

 

 

漫画家デビュー

運がよすぎるんです。
それほど何度も投稿したわけではないのに、デビューできたわけですから。
集英社さんには感謝しています。

 

高校卒業後、大学に入る前の春休み、16ページものの作品で『別冊マーガレット』デビュー。

このとき、大谷先生の作品を評したのは、憧れの存在だった いくえみ綾先生でした。
『I LOVE HER』という作品が大好きだったんだそうです。

 ⇒  いくえみ綾の『I LOVE HER』を無料で試し読みしてみる♬

 

 

Q:『ぼく明日』の舞台は奈良県ですか?
A:いいえ、『ぼく明日』の舞台は京都府です。

 

検索窓に『大谷紀子』と入れたら『奈良県』がついてきます。
『岡山』と入れたら『桃太郎』が出てくる感じです。
※注 実際には『桃太郎』は出てきませんがw

でも、答えは “ノー” です。

 

間違いなく大谷紀子先生の代表作と称されるであろう『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(12月17日公開)。
こちらは京都府が舞台なんです。

 

 

Q:奈良県を舞台にした作品もありますか?
A:『すくってごらん』という人気漫画です。

 

奈良県を舞台にした大谷先生の代表作品と言えば、『すくってごらん』ですね。
金魚すくいを題材にした珍しいタイプの少女漫画です。

 ⇒『すくってごらん』を無料で立ち読みしてみる♬

 

機会あらば『すくってごらん』も記事にできたらと思ってます^^ 

 

 

大谷紀子先生の代表作品

すくってごらん 

『すくってごらん』を無料で立ち読みしてみる

 

 

 

宮地真緒さん・壇密さんも絶賛!!
おとむらいさん

『おとむらいさん』を無料で立ち読みしてみる

 

 

その他の作品

●2002年8月 First Try!
●2003年5月 純情オトメの法則
●2004年3月 Imitation Colors
●2006年1月 青春ウォーカー
●2005年2月 アベコベ
●2006年11月 おでこの魔法
●2008年2月 オン・エア!
●2008年3月 浦島龍宮絵巻
●2009年10月 Fine!
●2011年2月 メランコリック
●2013年1月 リトル・マエストラ
●2013年3月 エミリーノ柏木

 

大谷紀子先生の漫画を無料で立ち読みしてみる

 

 

岡山工業高校ご出身の漫画家さんがやたら多いという衝撃の事実

 

岡山県立岡山工業高等学校

受験生の親をやったことはまだありませんが、聞くところによると、結構がんばって勉強して入るイメージです。
ここに届かなかった生徒は私立の電気科に行くんだとか。

岡山市内の公立工業高校としては、岡工と東岡山工業のみです。
その他、県内の公立工業高校は津山、倉敷、水島があります。

 

関東・関西の方によく驚かれるんですが、岡山県では公立高校のほうがレベルが高く、どちらかと言えば私立は『すべり止め』に受験するパターンが多いです。

 

大谷先生は、ここのデザイン科の卒業生なんだそうですよ。

 

【通 称】 岡工〔おかこう〕
【専門科】機械科、土木科、化学工学科、デザイン科、建築科、情報技術科、電気科
【URL】www.okako.okayama-c.ed.jp
【部 活】体育部20部、文化部7部
【同好会】11会
【所在地】〒700-0013 岡山県岡山市北区伊福町4-3-92
【連絡先】086-252-5231
【最寄駅】JR桃太郎線(旧 JR吉備線)備前三門〔びぜんみかど〕

 

 

漫画総合研究同好会

特筆すべきは、何と言っても『漫画総合研究同好会』があることでしょう。

f:id:mamamassan:20160918184344p:plain

f:id:mamamassan:20160918184353p:plain
出典:www.okako.okayama-c.ed.jp

岡工祭(文化祭/11月)と発輝祭(文化部の展示発表/6月)で作品を発表しています。

『発輝祭』は『はっきさい』と読み、委員会・文化部・同好会に所属する生徒が日ごろの練習の成果を十分に『発輝〔はっき〕』できるようにと設けられている小文化祭なんだそうです。

 

大谷先生がこの同好会に入っていたかどうかについては、あらゆるインタビュー記事を読み漁りましたが、残念ながら出てきませんでした。

高校時代は部活とバイトと課題で忙殺されており、まったくマンガは描いていなかったそうです。
『部活』・・・ということは、漫画総合研究『同好会』には入っていなかったということなんでしょうかねぇ。

 

大谷先生が多大な影響を受けたとして話しておられたんですが、実習室でたまたま隣の席になった生徒さんは『少女コミック』『マーガレット』で既にデビューしていて、担当さんもついていたんだとか。
残念ながら、その方は今では漫画を辞めてしまっているんだそうですが。

同じクラスからは3人も漫画家としてデビューしているという、実は驚異の漫画王国だったことが分かったんですね。
だから こんな片田舎の街であるにもかかわらず、駅前に『アニメイト』があるんですかね(笑)

 

また、同校出身の同級生・先輩にも有名な漫画家さんが多いそうです。

 ↓ ↓  ↓

大谷先生の高校の同級生・先輩にはどんな漫画家さんがいる?

◆先輩:寺田克也先生(玉野市)

f:id:mamamassan:20160918211642p:plain
出典:playonline.com/FINAL FANTASY XI ポストカードセット

トラを描くのが上手かったそうです。
絵の腕前を上げようと思ったら『馬』を描くといいそうですよ^^

仮面ライダーや映画のコスチュームデザインなんかも手がけていらっしゃるようです。

寺田克也先生の漫画を無料で立ち読みしてみる

 

 

◆先輩:矢吹健太朗先生

f:id:mamamassan:20160918211930p:plain
出典:vsmedia.info

お・・・おぅ・・・このタイプね・・・。
矢吹健太朗先生の漫画を無料で立ち読みしてみる

 

 

◆同級生:大賀浅木先生(玉野市)

f:id:mamamassan:20160918213154p:plain
出典:www.amazon.co.jp

『戦国BASARA3』のコミカライズが有名です。

大賀浅木先生の漫画を無料で立ち読みしてみる

 

 

その他、岡山県出身の漫画家さん

●藍本 松〔あいもと・しょう〕先生(岡山市/後楽館高校)
『保健室の死神』

●葦原大介先生(東京都出身⇒岡山県育ち)
『ワールドトリガー』

●一条ゆかり先生(玉野市/玉野商業)
『有閑倶楽部』

●いしいひさいち先生(玉野市/玉野高校)
『ホーホケキョ となりの山田くん』

●岸本斉史先生(勝田郡奈義町/作陽高校)
『NARUTO』

●西崎泰正先生(岡山市/禅林学園高校)
『ハルカの陶』

題材となっている備前焼は岡山県が誇る地場産業です!
西崎先生は、岡山市在住のまま漫画家の仕事を続けていらっしゃる、珍しいタイプの漫画家さんです^^

 

 

オマケ☆
岡山県出身の有名人といえば

 

一番意外な人から紹介していきますね~

オダギリジョーさん(津山市)

f:id:mamamassan:20160918192558p:plain
出典:yononakanews.com

仮面ライダークウガに出演していたことを『黒歴史』と呼んで私を激怒させた、でもステキな俳優さんです。 

後に、ある番組内での ご本人の発言から、この情報は誤解だったことが分かります^^

 

B’z・稲葉浩志〔いなば・こうし〕さん(津山市)

f:id:mamamassan:20160918194007p:plain
出典:www.amazon.co.jp

関係あるようなないようなチョットした自慢(?)なんですが・・・幼なじみのお母さまのご実家が稲葉さんのご実家と隣どうしでした。

さらに、地元で鍼灸をやっていらした先生は高校(中学校だったかも?)の同級生。
稲葉さん、当時すごく英語が苦手だったのに、辞書と首っ引きで一生懸命オール英語の歌詞を作っていた、というエピソードをお聴きしたことがあります^^

 

次長課長 河本準一〔こうもと・じゅんいち〕さん(津山市)

f:id:mamamassan:20160918193819p:plain
出典:plusone2010.blog.so-net.ne.jp

オダギリジョーさんとは小学校6年生のときからのクラスメイトなんだそうですよ。

 

ザ・クロマニヨンズ 甲本ヒロトさん(岡山市)

f:id:mamamassan:20160918194442p:plain
出典:laughy.jp

●ラウンド・アバウト
●ザ・コーツ
●THE BLUE HEARTS
●ヒューストンズ
●THE HIGH-LOWS

と、さまざまなユニットを経てきているようです。
初めて知りました。

OL時代の上司が甲本さんの幼なじみでした。
駅前で よく『THE HIGH-LOWS』と描かれたコンテナを積んだトラックを見かけたものでした。 

 

森末慎二さん(岡山市)

f:id:mamamassan:20160918194739p:plain
出典:auctions.search.yahoo.co.jp

体操選手でオリンピック金メダリスト。
彼が編み出したD難度の技には『モリスエ〔MORISUE〕』と名がついた。

というスゴい選手だったのに、なぜ歌を歌わせた?(笑) 

 

八名信夫〔やな・のぶお〕さん(岡山市)

f:id:mamamassan:20160918185937p:plain
出典:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

「あ~マズい、もう1杯!」のフレーズが印象的な、悪役専門(?)の俳優さんです。

 

志穂美悦子〔しほみ・えつこ〕さん(西大寺市)


 

ミュージシャンである長淵 剛さんの奥さん。
長淵さんが大麻取締法に触れて逮捕されたとき、そして国生さゆりとの不倫が明るみに出たときを境に、テレビで姿を見かけることはほとんどなくなりました。

 

MEGUMIさん(倉敷市)

f:id:mamamassan:20160918195331p:plain
出典:pds.exblog.jp

カップの大きさばかりが取り沙汰されるMEGUMIさんですが、しっとりとした和服姿もいいですね^^

本名は『仁』と書いて『めぐみ』と読むんだそうです。

 

 

・・・と、こうやって列挙していくと、岡山県出身の有名人って意外といるんだな、と再発見。
いやぁ~~地元を見直す機会を持つって、いいものですね。

と、水野晴郎ふうに言ってみましたが、彼も岡山県高梁市のご出身なんですよ~。 

  

12月17日の劇場公開が楽しみですね♬
 ⇒ 『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』人気で "ぼく明日デート" が流行中?!

『ぼく明日』の原作者・七月隆文先生の印税が気になる・・・
 ⇒ 七月隆文の小説『ぼく明日』は著者がモデル?! 年収・印税を徹底調査!!

 

スポンサーリンク

 

 

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました *^_^*♪