Yokattara Yondemite?

 よく読まれている記事です*^_^*♪
▼  ▼  ▼

岡田倫代のプロフと経歴!大学は医学部でなぜ定時制高校教師に?香川県で結婚?

いつも私のブログをご訪問くださり、ありがとうございます *^_^*♪

 

2016年1月4日(月)NHK総合にて22:00~23:10「プロフェッショナル 仕事の流儀10周年スペシャル~そして、新たな闘いへ~が放送されます。

*再放送は1月8日(金)24:10~25:20(1月9日(土)00:10~1:20のことですね)です。

 

f:id:mamamassan:20160104153653p:plain出典:nhk.or.jp 

 

岡田倫代〔おかだ・みちよ〕さんは、約6年前、2010年2月9日(月)「プロフェッショナル 仕事の流儀」第136回目の放送で紹介されました。

まだ茂木健一郎さんがパーソナリティーを務めておられたころですね。

 

プロフェッショナルとは?

人に課せられた「自分の役割」を真摯に果たしていく、そしてそのための努力を決して惜しまない人。

 

プロフェッショナル」についてこのように語っておられた岡田倫代さん、あれから6年の歳月を経て、子供たちとの向き合い方や考え方、心境に変化はあったでしょうか?

 

岡田先生プロフィール・経歴などについて、おさらいしておきたいと思います *^_^*

また、岡田先生の課外授業「ピア・サポート」がどういったものなのかについても調べてみました♪

 

 

今回の「プロフェッショナル 仕事の流儀」では、こちらの方々も紹介されます!
よかったら併せて読んでみてくださいね! 
 ⇒ 星野佳路のプロフと経歴!息子と妻も調査!弟・究道の読み方は?
 ⇒ 藤原茂のプロフと経歴!山口県・夢のみずうみ村の作業療法士がリハビリ革命!
 ⇒ 坂本幸雄のプロフィールと経歴!現在と新会社やUMCとの関係も調査!

 


スポンサーリンク
 

 

 

岡田倫代先生のプロフィールと経歴

 

岡田倫代
出典:city.takamatsu.kagawa.jp

 

【名前】岡田 倫代〔おかだ・みちよ〕

【生年月日】1959(昭和34)年生まれ

【出身地】香川県

【干支】亥年

【年齢】56歳(執筆時)

【職業・資格】

 ◆定時制高校 英語教諭

 ◆医学博士

 ◆臨床心理士

 ◆学校心理スーパーバイザー

 ◆上級教育カウンセラー

 ◆香川大学医学部協力研究員

【学歴・職歴】

◆香川県立観音寺第一高等学校 卒業

◆大学 卒業

◆ホテル勤務

 岡田先生 唯一のOL時代ですね^^
 英語が得意だったので、それが生かしたくてホテルに就職されたのだそうです。

◆5年後、結婚を機に退職

 2016年になった今も香川県の定時制高校の教師として勤めておられるのでしょうか?

 結婚後、退職されていますが、香川県から移動された様子はありませんでしたね。

 番組ではそのあたりもお話しになるでしょうか???

◆その後、私立高校教師となる

◆公立高校へ異動

 この高校で10年目を迎えた年に教育相談主任を務めます。

◆1999(平成11)年 香川県立観音寺第一高等学校 定時制課程 英語教諭

 当時40歳でした。

◆2010(平成22)年3月24日 香川大学 医学部 大学院 博士課程 修了

◆2016年 現在・・・?

 番組を楽しみに待ちたいと思います *^_^*♪

 

 

一体なぜ医学部に?!

 

岡田先生が香川大学に入学したのは、大きな後悔があったからなんだそうです。

子供の心の奥底にあるものを本当の意味で理解できるようになるために、心理学を学ぶ決心をしたのです。

 

その後悔とは・・・ ?

 ↓ ↓ ↓

 

岡田先生の後悔

 

岡田倫代
出典:nhk.or.jp

これは、岡田先生が公立高校にお勤めになって10年目、教育相談主任の責務に就いていたときの苦い思い出なんだそうです。

 

ある不登校の生徒と1対1で向き合い、授業の指導をしていました。

授業の遅れを取り戻した手ごたえがあり、ホッと一息、雑談しながら休憩していたときのことでした。

 

岡田先生がその生徒に向けて発した一言

そのときの岡田先生は想像もしなかったでしょうが、これが後々まで残る大きな後悔となるのです。

 

「普通の教室に戻ろう」

 

その生徒は翌日から学校に来なくなり、ついに退学してしまったのだそうです。

 

 

この一件により教師として今まで積み重ねてきた努力を全否定されたと感じた岡田先生。

そのとき彼女の心境に大きな変化が訪れたんですね。

そして医学部を志したのです。

 


スポンサーリンク
 

 

岡田先生が大切にしているもの

 

岡田さんは、勉強と同じ、いやそれ以上に「心のケア」が大切だと考えています。

定時制高校を「心を癒やす場所」、そして「自身を取り戻すことのできる場所」と位置づけ、21時に本来の授業が終わってから、生徒同士に思いやりの心を持ってもらおうと、特別授業を行なっています

 

岡田先生の流儀は、勉強を教えるのではなく、人としての何たるかを教えるということなんですね。

 

ある私立小学校がテレビ番組で特集されていたことがあります。

そこ小学校では、入学したばかりの児童に、

 ◆脱いだ靴をそろえる

 ◆席を立つときは椅子を入れる

この2つだけに焦点を当てて、徹底的にやらせるのだそうです。

他のことは一切 言わないで、本当にその2点だけ。

もちろん勉強のことも言いません。

「靴や椅子の乱れは心の乱れ」だと言うんですね。

それを続けていると、どうでしょう、不思議なことに、子供たちは心が落ち着いてきます。

授業中も静かにできるようになり、友達ともトラブルを起こさなくなっていきます。

そして、勉強も自然と身に付いていくのだそうです。

どこだったか忘れてしまいましたが、幼稚園でも試験を受けて入るような超エリート学校でしたよ。

 

また、ある年の甲子園の優勝校の荷物やスパイクの並べ方が劇的に美しく話題になったことがあります。

その高校は、相手チームのファインプレーにも拍手をして「ナイスバッティング」などの声をかけ、失敗しても喜んだりしません。

チームメイトのミスには温かく「ドンマイ」と声をかけて肩をたたいき合います。

練習の時間や日数は完全に生徒に任せてあり、休んだ部員がいても、他の部員は責めたりしません。

部室はいつも整然としています。

練習時間が圧倒的に他校より少ないこの高校がなぜ甲子園で優勝したのか・・・。

 

岡田先生の言う「人間を育てる」というのは、こういうことなのかもしれません。

 

 

人間ができれば、勉強は後からついてくる

 

そうなんですよね。

そういうことだと思うんですよ。

「宿題」というシステムに大きく疑問を抱いている私としては、この岡田先生の名言には大賛成なのです。

(あ、岡田先生が「宿題」というシステム自体について何か言及したわけではないです、念のため (^_^;))

 

学校で授業をちゃんと聴かないから家でやらせる?

親に勉強している姿を見守らせる?

はたまた、どうにかして親を絡ませようとした結果なのでしょうか?

 

「家庭学習の習慣をつける」というのは二次的要素にすぎません。

つまり、「成績を落とさないため」の措置だということなんでしょうね。

先生方も、決まりだから出しているだけ、のように思えて仕方ありません。

ヤル気のない子は、宿題を出されたからといって、義務的に家庭学習の時間を確保しただけでは、成績は上がりません。

宿題はこなすかもしれませんが、「やっつけ仕事」でしかないため、身に付いてはいかないでしょう。

 

まずはヤル気をなくしている理由を突き止め、それを取り除いてやることを優先すべきではないかと思うのです。

 

 

ピア・サポートって?

 

ピア・サポートとは

"peer" は英語で「同等の者」「同世代の仲間」「同僚」を意味する言葉。

「ピア・サポート」は、「同じような課題に直面する人どうしが互いに支え合う」という意味で使われる。

 

岡田先生は「ピア・サポート」に関する本を出版されています。

 

 

ピア・サポート力がつくコミュニケーションワークブック
出典:amazon.co.jp

 

ピア・サポート力がつくコミュニケーションワークブック

(学事出版/2013年9月30日)

 

■レビュー■

コミュニケーションスキルだけでなく、大人になっても役立つ「リフレーミング(短所を長所に変換するワーク)」やストレスコントロールの方法などが学べる。
友達どうしがお互いにポジティブなメッセージを発する場を設定することが大事だと感じます。

 

■レビュー■

人間関係、生き方、言葉かけのコツなど、読み手のモチベーションを上げるようなヒントが随所にちりばめられている。
子供だけでなく、大人にも応用のきく良書。

   

岡田先生、時にはネイルにアートを施して、女生徒の気持ちを理解する努力をしたりもするんだそうですよ *^_^*♪

ピア・サポート
出典:nhk.org.jp

 

岡田先生は、英語教師として教壇に立つ一方で、教育相談主任として悩める生徒たちと向き合っています。

 

放課後に行なっている「ピア・サポート」という課外授業は、子供たちの心のケアに効果を発揮するということで、今、注目されています。

岡田先生は、この「ピア・サポート」に先進的に取り組んできました。

通常の授業が終わる21時から始まる「課外授業」は、悩んでいる仲間にどのように接し、どのように支えてあげるべきかを学ぶ時間。

仲間を支える技術を学んでいくうち、実際に支え合いの関係が生まれ、「自分も誰かの役に立っている」という自己肯定感が生徒の中に生まれ、育まれていくのです。

 

岡田先生が心のケアに取り組んだ結果、自分なりの新たな道を見出し、歩き始める生徒もいるのだそうです。

 

 

同じ目線に立つことが重要、と提唱する方の記事はこちらにも。
併せて読んでみてくださいね!
 ⇒ 戸島國雄のwikiと経歴!タイに鑑識と似顔絵捜査を広めた捜査官の階級は?
 ⇒ 坂本幸雄のプロフィールと経歴!現在と新会社やUMCとの関係も調査!

 

 

しがない主婦のつぶやき

 

21時に授業が終わって、それからまた特別授業?!

・・・・・ご自宅はどうなっているのでしょう?

ご主人が「専業主夫」をされているのでしょうか???

それとも、海外を飛び回る近藤麻理恵(こんまり)さんのように、実家が超 頼りになるのか???

 ⇒ 近藤麻理恵の経歴!こんまり流片づけ失敗談と嫌いな人が多い理由を調査!

 

時間と子供の体調のやり繰りにてんてこ舞い、パートに出ることすらままならないしがない主婦の私からすれば、何がどうなってそういう「仕事にどっぷり」の生活が送れるものやら、うらやましくもあり・・・直接お聞きしてみたいものです。

他人から見れば本当に素晴らしい先生。

でも子供さんが寂しい想いをしていなければいいが・・・と心配になったりもしますが・・・。

岡田先生は現在56歳。(執筆時)

1986(昭和61)年ごろにはご結婚されているわけですから、子供さんがおられるとしても、既に成人されている可能性が高いのかもしれません。

 

いずれにしても、女性が遠慮なく職業を選べ、続けられる世の中になるといいな・・・と心から思いますね。

日産の要職に就いていらっしゃる星野朝子さん(星野佳路さんの奥さま)もお話しになっています。
 ⇒ 星野佳路のプロフと経歴!息子と妻も調査!弟・究道の読み方は?

 

 今回の「プロフェッショナル 仕事の流儀」では、こちらの方々も紹介されます!
よかったら併せて読んでみてくださいね! 
 ⇒ 藤原茂のプロフと経歴!山口県・夢のみずうみ村の作業療法士がリハビリ革命!
 ⇒ 坂本幸雄のプロフィールと経歴!現在と新会社やUMCとの関係も調査!
 ⇒ 岡田倫代のプロフと経歴!大学は医学部でなぜ定時制高校教師に?香川県で結婚?

 

 

 


スポンサーリンク
 

 

 

岡田先生のお話からそれてしまいましたが・・・。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました *^_^*♪

2016年が皆さまにとって素晴らしい1年でありますように。