読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yokattara Yondemite?

 よく読まれている記事です*^_^*♪
▼  ▼  ▼

奥村善久のプロフと経歴!チャールズ・スターク・ドレイパー賞賞金と奥村カーブの秘密?!

 

いつも私のブログをご訪問いただき、ありがとうございます *^_^*♪

 

1月13日(水)19:00~の「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」新春3時間SP!!

始まりの時間が1時間ほど前倒しになっているので、ご注意くださいね!!

さて、こちらの新コーナーノーベル賞じゃないけどノーベル賞くらいスゴい賞を取った日本人の旅」では、奥村善久〔おくむら・よしひさ〕さんが取り上げられます。

 

f:id:mamamassan:20160111154854p:plain
出典:kanazawa-it.ac.jp

 

奥村さんのどんな功績を称えてノーベル賞ぐらいスゴい賞が贈られたのでしょう?

そして、そのノーベル賞ぐらいスゴい賞って一体どんな賞なんでしょう?

(ダシャレじゃないですよ)

さっそく調査に行ってまいりました (^_^ゞ

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

奥村善久さんってどんな人?

 

奥村さんのプロフィール

 

f:id:mamamassan:20160111163849p:plain
出典:asahichinese.com

 

【名前】奥村 善久(おくむら・よしひさ)

 喜久と間違って表記されているサイトが散見されましたが、善久が正解です *^_^*

【通称】携帯電話の父

 この方なくしては日本の携帯電話の発展はなかったわけなんですね~。
 ありがたいことです。足を向けて眠れません。
 って・・・金沢ってどっちだっけ?(笑)

【生年月日】1926(昭和)年7月2日

【年齢】89歳(執筆時)※受賞時86歳

【干支】寅年

【星座】かに座

【出身地】石川県金沢市

 

金沢といえば、コレが話題になりましたねっ♪
 ⇒ NHK大河ドラマ「真田丸」の題字で知られる挾土秀平が手がけた「黄金の蔵」

この方、奥村教授と同じ、寅年の生まれです。
私も寅年。何だか親近感がわきます *^_^*♪

 

ちなみに、「携帯電話の父」と呼ばれている人物が もう1人いらっしゃいます。
カリフォルニア州にお住まいの、こちらは「携帯電話の生みの親」ですね。
奥村教授と共に受賞なさった、アメリカのマーティン・クーパー氏です。
なので、どちらかというと「携帯電話の母」と表現したほうがいいかもしれません(笑)
その方のお話しになった内容についてはこちらの記事で紹介しておりますので、よかったら読んでみてくださいね *^_^*
 ⇒ 執筆中ですm(__)m

 

 

奥村さんの学歴と経歴

 

*** 学 歴 ***

◆1947(昭和22)年 金沢工業専門学校(旧制)を卒業

小学校のときは、逆上がりができなかった善久少年は、友達に手伝ってもらいながら1か月間、毎日 練習を積み重ね、できるようになったそうです。
何事も粘り強くやり抜く性格だったんですね。

工学を選んだ理由は、父親に勧められたから。
これからは工学」と言って普通科への進学を止めたそうですから、先見の明に長けていたということですね。
偉人の親はやはりスゴかった・・・!

実家が裕福でなかったため、大学進学を断念して社会人になります。

 

*** 職 歴 ***

◆1950(昭和25)年 日本電信電話公社(電電公社)入社

◆1975(昭和50)年 東芝 日野工場

◆1979(昭和54)年 金沢工業大学(工学部)教授に就任

◆現在、同大学 名誉教授

◆2013(平成25)年 チャールズ・スターク・ドレイパー賞を受賞

 

 

奥村善久氏の功績

 

奥村名誉教授は、電波の伝わり方、環境を独自に分類し、「奥村モデル(奥村カーブ)」という経験則にまとめ上げました。

そして2013(平成25)年、日本人で初めて「工学界のノーベル賞」とも称される「チャールズ・スターク・ドレイパー賞」を受賞されたのです。

 

奥村教授は、電電公社(現NTT)時代、上司を説得して移動体通信の基盤技術の研究を開始。
測定機を積んだ車で関東一円を走り、地形や障害物の電波への影響を調べて「奥村モデル」と呼ばれる成果にまとめた。

1971(昭和46)年に効率的な基地局の設置方法を示した論文を共同発表。
電電公社が1979(昭和54)年に世界で初めて始めた自動車電話の商用サービスにつながった。

出典:nikkei.com

 

もしも善久少年が大学に進学していたら、この研究も、携帯電話の爆発的な普及も、なかったかもしれませんね。

そして、お父さまの「普通科はやめておけ。これからは工学だ」の言葉がなかったら。

 

 

奥村カーブ(奥村モデル)とは何ぞや?

 

奥村善久名誉教授が発表した電界強度曲線」のことだっていうんですけど・・・何それ美味しいの?

 

現在、携帯電話の基地局を効率的に配置するための基礎となっていて、「奥村-秦〔はた〕」などとも呼ぶそうです。
※ 秦〔はた〕教授については後述しています。

 

え~~~っと・・・↓こんなの。(笑)

f:id:mamamassan:20160111160623p:plain
出典:circuitdesign.jp

 

分りやすく説明するとすれば、携帯電話の電波の強度に置き換えるといいかもしれませんね^^

NTTドコモ〔docomo〕やau、ソフトバンク〔Softbank〕など、それぞれのキャリアの「基地局」というものが各地に存在しますが、そこからの距離が遠ければ、やはり電波は弱くなりますよね。

山や木の生い茂る地域では電話がつながらなかったり、メールが届きにくかったりするのが分りやすい例ですかね。

 

※所さんの番組で分かりやすーく説明してくださると思うので、放送を拝見しから、また書き換えておきますね。

 

無線通信において電波の強度が基地局からの距離に応じて減衰する様子を表したモデル

出典:はてなキーワード

 

 

この曲線を1968(昭和43)年に奥村善久教授が発表したのだそうです。

これをモデル化したのが秦 正治教授。1980(昭和55)年のことでした。

おぉ?! 2016年の今 番組で特集されるけれど、確立したのはずいぶん昔だったんですね。

携帯電話が誕生して今年で42年・・・1つ上の姉と同い年、というだけでもかなりの驚きだったんですが、この「奥村-秦モデル」は、私が小学校に入る前には出来上がっちゃってたということになりますね!

 

 

携帯電話にまつわるヨモヤマ

 

f:id:mamamassan:20160111165701p:plain
出典:tameblo.blog.tennis365.net

 

私が車の免許を取ったのが1994(平成6)年。

そして初めて交通事故を起こしたのが恐らくその翌年ぐらいだったんですが、ある女性の車に追突してしまったのでした。

で、その女性が近くにあった「公衆電話」(←懐かしの。笑)でご主人を呼んだんですが・・・。

(平成生まれさんたちには「公衆電話」すら「何それ美味しいの?」状態ですよね。笑)

現れたご主人の、純白の「セルシオ」クラスの車には、ででーん!!と携帯電話が据えられていたのを今でも覚えてます。

いや携帯できないから「携帯電話」ではなく・・・何ていうんだろう??? まぁ「車載電話」ですね。

車載電話なんて、頭に「」の付く自営業の人ぐらいしか持ってないって思ってましたから、ものすご~~~くビビりましたよね。

「ギャーーーーーッ怖い人キターーーーーっ!!」っつって。

でも、実際には、ものすごーーーく丁寧でやわらかな物言いのただのお金持ちでした(笑)

いやでもホントにあのときはご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでしたm(__)m

 

 

What is「秦〔はた〕モデル」?

 

高い建物の多い大都市、また樹木に囲まれた郊外等において電波が受ける影響を経験則として発表したのが奥村氏であり、これを「奥村カーブ」と呼びます。

その「奥村カーブ」の実験式を得ることができたのは、秦 正治教授がモデル化したからなんですって。

 

どちらが欠けていてもこの大きな功績は残せなかったはずで、2人はまさにバッテリーの関係なわけですね!

石川県岡山県という離れた場所に居ながら、何という素晴らしいコンビプレー!

 

ちなみに、石川県と岡山県(それぞれ県庁所在地)は直線距離にして約330km。
JRを利用しても自家用車で移動しても、5~6時間かかっちまいます。

 

 

岡山県庁(岡山県岡山市)

f:id:mamamassan:20160111160639p:plain
出典:hitachi.co.jp

画像を探してて初めて知ったんですが、岡山県ってIT先進県なんですって?
住んでて、そんなふうに全く感じませんけど??? あはは(笑)

医療の面ではかなり恵まれていると思いますけどね。

それと、私の父のかつての職場、岡山県庁は近くで見ると結構ガタが来てますけど、ものすごく美しく写してくださっていることにも感激しました(笑)

 

岡山のスゴい人!
 ⇒ 渡辺和子にうつ病の過去?2・26事件と父親の死!金スマで壮絶な経歴を激白!

岡山のスゴい?!
 ⇒ 日本一の宮崎牛!ルーツは岡山にあり!ふるさと納税で千屋牛を食べよう!

 

  

石川県庁(石川県金沢市)

f:id:mamamassan:20160111160649p:plain
出典:kakimoto.co.jp

 

挾土秀平さんは石川県の誇りですね!
 ⇒ 石川県金沢市のお宝発見!「金の蔵」がスゴすぎる!

 

 

秦 正治教授について

 

f:id:mamamassan:20160111160657p:plain
出典:eng.okayama-u.ac.jp

2015年6月3日、「電波の日」総務大臣表彰を受賞されました

 

【名前】秦 正治〔はた・まさはる〕

【職業】教授 ― 岡山大学 自然科学研究科(産業創成工学専攻)

【学位】工学博士(九州大学 大学院)

【略歴】

  • 1975(昭和50)年4月 電公社横須賀電気通信研究所
  • 1992(平成4)年7月 NTT移動通信網株式会社 研究開発部
  • 1994~1996(平成6~8)年 九州大学/長崎大学 非常勤講師
  • 1998~2001(平成10~13)年 九州芸術工科大学/電気通信大学(東京都調布市)客員教授
  • 2001(平成13)年3月 株式会社NTTドコモ ワイヤレス研究所を退職
  • 同年4月 岡山大学(工学部)教授に就任

 

いや~~~岡山の方の活躍は本当にうれしいですね *^_^*
地元の誇りです!!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

チャールズ・スターク・ドレイパー賞ってどんな賞?
― Charles Stark Draper Prize ―

 

f:id:mamamassan:20160111164503p:plainbr />出典:nae.edu

 

工学分野における「ノーベル賞」と言われているんですって。

アメリカの非営利研究機関「全米技術アカデミー(NAE〔United States National Academy of Engineering〕)」が主催する賞。

正式な会員になるにはアメリカ市民でないとならないそうで、外国の会員は準会員の扱いになるということです。

選考は年に1度 行われます。

NAE会員に選ばれることは、工学界では最高の栄誉とされているんですって。

実用的な技術の進歩や社会の発展に貢献した研究者に贈られます。

 

日本人では、2013(平成25)年の奥村教授に続いて、2015年までに4名の方が受賞しておられます。

◆2014(平成26)年 西 美緒〔にし・みお〕さん、吉野 彰〔よしの・あきら〕さん
 小型で軽量のモバイル電子機器を可能にしたリチウムイオン二次電池(LIB)の設計

◆2015(平成27)年 赤﨑 勇〔あかさき・いさむ〕さん、中村修二〔なかむら・しゅうじ〕さん
 世界に先駆けた発光ダイオード(LED)の開発

 

 

賞品や賞金について

 

チャールズ・スターク・ドレイパー賞の授賞式は米国時間2013年2月19日、アメリカの首都ワシントンで開かれました。

世界初のセルラー方式携帯電話のネットワーク・システムおよび標準化への先駆的貢献に対して贈られたものです。

 

***授与されるもの***

◆メダル

◆副賞50万ドル(約4,700万円)

 ただし、この賞金は、奥村教授と共に受賞した米国・欧州の研究者らと5等分するのだそうです。
 いずれも携帯電話の実現に尽力した偉人たちです。

 1人10万ドル(940万円)ということになりますね。

f:id:mamamassan:20160111160710p:plain
出典:kanazawa-it.ac.jp

 

この偉人たちの名前は

  • マーティン・クーパー〔Martin Cooper〕氏(アメリカ)
  • ジョエル・S・エンジェル〔Joel S. Engel〕氏(アメリカ)
  • リチャード・H・フランキール〔Richard H. Frenkiel〕氏(アメリカ)
  • トーマス・ホーグ〔Thomas Haug〕氏(ノルウェー)

 

 

マーティン・クーパー氏(一番右)の記事も読んでみてくださいね!
 ⇒ 執筆中ですm(__)m

 

 

奥村教授はインタビューにこう答えています。

これから何が必要になるか、常に先を見据えた研究を続けてきた。
成果が認められてうれしい。

携帯電話がビジネスに活用されることは当時から予想していたが、子供にまで広く使われるようになるとは予想していなかった。

出典:nikkei.com

  

 

チャールズ・スターク・ドレイパーって何した人?
― Charles Stark Draper ―

 

f:id:mamamassan:20160111165911p:plain
出典:missourilegends.com

 

1901~1987(明治34~昭和62)年。

アメリカ出身の科学者であり技術者。

NASAのアポロ誘導コンピュータの設計・製作を指揮した方です。

この方の存在なくしては、アポロの月面着陸はあり得なかったということになりますね!

 

 

ノーベル賞じゃないけどノーベル賞くらいスゴイ賞を受賞した日本人はこちらにも!
 ⇒ 山口琢磨氏が受賞した「エルマー・A・スペリー賞」ってどんな賞?

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました *^_^*♪

2016年が皆さまにとって素晴らしい1年となりますように。