Yokattara Yondemite?

 よく読まれている記事です*^_^*♪
▼  ▼  ▼

大宮美絵の流出画像とwikiプロフ!!片岡愛之助の隠し子の母親の正体は?!イケメン歌舞伎役者の息子は現在・・・?!

 

佐藤江梨子さんや熊切あさ美さんとの熱愛、破局、そして藤原紀香さんとの熱愛報道から入籍、金屏風をバックに約200人の報道陣を前にした幸せいっぱいの結婚会見、そして紀香が梨園の妻失格と騒がれ、何かと話題の尽きない片岡愛之助(44)・藤原紀香(44)夫妻。

隠し子のことは大筋で認めていた愛之助が、今度はDNA鑑定を要求したとのことで、お相手の女性を激怒させたもよう・・・。
「週刊文春(文藝春秋)」4月14日発売号で、隠し子の母・大宮美絵さん(仮名・47)が告発しているというんです。

f:id:mamamassan:20160415145841p:plain

いやはや気まぐれにもほどがあると言うか。

いったんは隠し子の存在について認めたのに、そして藤原紀香との結婚もかなったのに、ここへ来て「本当にオレの息子なのか?!」なんて言い出したのかしらね。

藤原紀香の入れ知恵なのか、大宮美絵さんとは一体ナニモノなのか、真相を探ってみました。

 

スポンサーリンク

 

 

大宮美絵のwiki風プロフィール

 

2011年2月時点で43歳だった美絵さんは、愛之助との間にできた長男と、美絵さんの実母の3人で、京都の一軒家に住んでいる、との情報がありました。

現在はどうされているのでしょうか・・・?

 

【名 前】大宮 美絵
【性 別】女性
【生年月日】推定1968~69(昭和43~44)年
【年 齢】推定46~47~48歳(執筆時)
【干 支】酉〔とり〕年 or 戌〔いぬ〕
【出身地】恐らく京都府
【結 婚】恐らく未婚のまま・・・
【子 供】長男:高校2年生(執筆時)

 

 

2人のなれそめ~経緯

 

1998(平成10)年

大阪の歌舞伎役者となった片岡愛之助さん。
大阪北新地のお店で当時ホステスをしていた29歳の大宮さんと出会います。

大宮美絵さんの知人の紹介だったようです。
この知人は大阪ミナミで中華料理店を経営していました。

 

「芸能界(に近い場所)にいる人にしては、フツーの人やなぁ」

美絵さんが愛之助に対して抱いた第一印象はこうでした。

 

最初はただのメール友達だった2人の仲は徐々に深まり、大宮さんは山元家(片岡愛之助の旧姓)の敷居をまたぐほどの仲になっていたといいます。

大宮美絵さんは当時、難波の松竹座の近くに住んでいました。
愛之助の住んでいた実家(山元家)は堺。

次第に愛之助が美絵さんのマンションに寝泊まりする日が増えていったといいます。

 

1999(平成11)年

大宮美絵さんが愛之助の子を身ごもったこのは出会いから1年後の1999年でした。
妊娠を知ったときの愛之助はというと、決して「バンザイヽ(^o^)丿」と喜んでくれたわけではなく、「困ったな・・・」という反応だったんだそうです。

・・・・・・(T_T)

歌舞伎役者として跡取りに入った芸養子なので、養父・秀太郎さんに告げるのがはばかられると言うんです。

戸籍に入れるのであれば、仁左衛門(当代)さんに許可を得なければなりません。
しかし、今の自分にはとても言えないと。

仕事がなくなり、収入が途絶える。一家を食べさせていくことができなくなるなどと、ウソなのか本当なのか分からない言い訳を並べ立てたというから驚きです。

この人から歌舞伎を取り上げてはならない・・・そう思った美絵さんは、黙って耐えました。

 

この年、片岡愛之助の実母が末期がんの宣告を受け、その年のうちに亡くなりました。
このとき彼女を看取ったのは、ほかでもない、美絵さんだったそうです。

 

2000(平成12)年

不幸続きだった山元家(山元:片岡愛之助の旧姓)。

諸々の事情を慮〔おもんぱか〕った上、美絵さんは、入籍も認知もされぬまま男児を出産しました。

そして愛之助と美絵さんは、長男と3人で、愛之助が新しい家族のためにと購入した大阪府内のマンションで、(形だけの?)幸せな「家族」として、新しい生活をスタートさせたのです。

 

2001(平成13)年

今度は愛之助の実父が亡くなります。
自転車を運転していた最中に、くも膜下出血で倒れ、そのまま帰らぬ人となったのでした。

彼を看取ったのは愛之助と美絵さんでした。

 

認知について常に気に掛けてくれ、子供の名付け親でもあった山元のお父さん。
愛之助の本名「寛之」から1文字を取ってつけました。

初孫の誕生と息子の結婚を心待ちにしてくれていた山元のお父さん。
妻の死後も孫に会いに来てくれていた山元のお父さん。

美絵さんの心中を思うと苦しくなります。

 

スポンサーリンク

 

 

2005(平成17)年

愛之助が突然「何も告げずに失踪する」という暴挙に出ます。
長男が5歳になるころのことでした。

このときは・・・熊切あさ美さんとの交際中だったんでしょうかね???
聴けば聴くほど耳を覆いたくなるような話ばかりが飛び出てきます。

 

紀香・・・この男だけはやめておけ。
藤原紀香さんのご両親の悲痛な叫びが聞こえてきそうです・・・。

 

マンションを出ていったきり連絡の取れない内縁の夫。
美絵さんは長男を連れて京都の実母を頼って転居しました。

愛之助と住んでいた大阪のマンションは人に貸し、この家賃収入と自身がアルバイトで稼いだ収入とで夜間学校に通い、資格を取得しました。

 

2011(平成23)年

女性週刊誌『女性セブン』3月3日号で、元ホステスとの間に小学校5年生(当時)の男児がいると報じられたのです。

当時 暴行事件で謹慎中だった市川海老蔵の代役を務めたことで名声が高まっていた、まさにその渦中でした。
一躍有名になった彼に、足もとをすくわれるようなショッキングなスクープでした。

 

この隠し子疑惑について愛之助は会見を開き、「おおむね事実でございます」と認めました。
そして養育費を支払い生活の援助はしているが、結局 実父が気に掛けていた認知については成されていないことを明かしています。

長男の認知については、「子供が大きくなってから、本人の意見を聴く」としていました。

 

また、結婚(入籍)しなかった理由について、「2人で話し合い、それぞれ別の道を歩こうと決めた」ふうなことをおっしゃっていました。

しかし美絵さんによれば、この会見の内容にはかなりウソがあるとのこと。

だって、愛之助は突然「何も告げずに失踪する」という暴挙に出たんでしたもんね。

 

さらに愛之助は、息子とは3~4か月しか一緒に暮らしていないふうにも話していましたが、美絵さんによると、愛之助が姿を消したのは長男が幼稚園に通っていたとき、5歳のころだったということです。

お父さんは歌舞伎役者ということは、ママ友も知っていたんだそうですよ。
5歳ですから、子供さんによっては覚えているかもしれませんね。

車で幼稚園の送迎をしていたこともあったようですから。

 

隠し子が発覚してヤフーニュースでトップに表示されていたとき、不幸なことに、当時 小学5年生だった長男はパソコンの授業中。
しかも先生がヤフーを利用した検索の仕方を教えていた最中だったんだとか。

先生は慌ててパソコンを閉じるよう指示したと・・・。

小学校5年生の男の子が「隠し子」という言葉の意味を知っていたかどうかは分りません。
でも、自分の父親はもう帰ってはこないんだということを薄々察したことでしょう・・・。

  

 

2014(平成26)年

お金のことでゴタゴタするのはイヤだから。
突然、美絵さんに弁護士から連絡が入りました。

このときから、定期的に養育費が支払われるようになったんだそうです。

子供の認知についても近々手続きを取るということだったので、美絵さんは信じて待っていました。

 

このころ中学生だった長男は、まだお父さんのことが好きで、写真を見ては「会いに行きたい」と漏らしていたそうです。

しかし熊切あさ美さんとの熱愛・破局報道を見てからというもの、長男が愛之助のことを口にすることはなくなりました。

現在では、「会いたい?」と聞くと、「いや、別に」と返すのだと。

 

 

2016(平成28)年3月30日

片岡愛之助と藤原紀香が入籍。

 

2016年3月31日

f:id:mamamassan:20160415154956p:plain

結婚会見を開く。

 

2016年4月1日

片岡愛之助が大宮美絵さんとの間にできた長男のDNA鑑定を要求したことが報じられました。
結婚会見の翌日ですね。

 

美絵さんは息子と実母と穏やかに暮らしているというのに、美絵さんが何を求めたというわけでもないのに、どうして今さらそんなヒドい仕打ちをするのでしょう???

何という無神経な2人なんでしょう。愛之助&紀香。
恋は盲目といいますが、44歳にもなって? この バカップル!!!

 

 

大宮美絵さんと愛之助の隠し子の画像が流出したって本当かよっ?!

 

 

 ⇒ 大宮美絵さんの画像が流出したって本当???

 

 

イケメン歌舞伎役者・片岡愛之助の息子は現在・・・

 

報道によれば、高校2年生の青春 真っただ中。

愛之助が失踪した当初は父親を恋しがり、会いたがっていたようですが、現在はどうでしょうね。

「おやじみたいにだけはならない」なんて思われているのではないでしょうか・・・。 

 

スポンサーリンク

 

 

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました *^_^*♪

出典:news.biglobe.ne.jp