Yokattara Yondemite?

 よく読まれている記事です*^_^*♪
▼  ▼  ▼

映画サムライフの侍が熱い!モデルのサムガクって誰?原作者もイケメン?

 

2月28日(長野県では2月7日)に公開され、大ヒット上映中(執筆時)の映画「サムライフ」、ごらんになりましたか?

f:id:mamamassan:20160307160402p:plain

 

私は観に行けなかったんですが、「ハートネットTV」で長岡秀貴氏の特集を見て、原作本と原作者、そして「サムガク」にとっても興味を持ちました。

そこで今回は「サムライフ」のことを少し書いてみようと思います^^

 

【関連記事】
 ⇒ 侍学園・長岡秀貴のwikiプロフと経歴!サムガクってSAMURAI養成学校?!

 

スポンサーリンク

 

 

映画サムライフの侍たちが熱い!

 

左端が原作者の長岡秀貴氏、真ん中が主役の「ナガオカ」を演じる三浦貴大〔みうら・たかひろ〕さんです。 

f:id:mamamassan:20160307160452p:plain

三浦貴大さんといえば、ちょっと情熱が横滑りする感じの役どころが多いイメージの俳優さんですね(失礼)

三浦友和さんと山口百恵さんの次男だったんですねぇ。
初めて知って驚きました~ (@_@;)
どっちにも似てないんだけど・・・。

f:id:mamamassan:20160307170315p:plain

 

映画「サムライフ」予告動画

 

予告だけでも情熱が伝わってきます。

自分で生き方を決めることのできる学校」をつくるという長岡秀貴氏の夢に寄り添う若きサムライたちが奮闘する姿を描いたノンフィクションです。 

これは一見の価値あり!!
上映が終わって間もないというのに、もうDVDが出てました~ *^_^*♪

サムライフ [ 三浦貴大 ]

サムライフ [ 三浦貴大 ]
価格:4,179円(税込、送料込)

最近は映画の上映が終わってから販売やレンタルが開始するまでのスパンがとっても短くなりましたよねぇ~助かる^^

昔は1年も1年半も待たされたものです。
昭和生まれさんにしか分からないでしょうね、この待ち遠しい感じは。

 

モデルのサムガクって誰?

 

サムガク韓流タレントさんの芸名とかではありません(笑)

長岡秀貴氏が設立したNPO侍学園スクオーラ・今人〔イマジン〕という民間学校の通称です。

お侍さんを養成する学校でもなければ、忍者を養成する学校でも、アクターズスクールでもありません、念のため(笑)

 ⇒ 侍学園・長岡秀貴のwikiプロフと経歴!サムガクってSAMURAI養成学校?!

 

スポンサーリンク

 

 

随筆「サムライフ」

 

2007年4月に出版された長岡秀貴氏によるノンフィクションの随筆です。

サムライフ [ 長岡秀貴 ]

サムライフ [ 長岡秀貴 ]
価格:1,439円(税込、送料込)

 

これは読んでみなければ!

火事に見舞われ、時を同じくして3・11が起こり、学校の再建をそっちのけにして震災支援に尽力、そうしているうちに支援者が集まり・・・のくだりが一番の見どころかな、と思っています。(※長岡氏インタビュー記事より)

人のためになることを一生懸命やれば、自分が窮地に立たされたときも自然と救いの手を差し伸べてくれる人が現れる、ということのお手本のような方ですね。

素晴らしいです~長岡先生 (T_T)

 

原作者もイケメン?

 

・・・かどうかについては、画像と映像をごらんになってご判断くださいね~ *^_^*

2012年6月10日(日)に開催された侍学園の公開授業「ココロの教室」の告知VTRです。

もう終わってしまっているのが残念なんですが。

 

 

本日の名言

 

諦めなければ、ゴールは必ず待っている

 

f:id:mamamassan:20160307165426p:plain

サムライフのキャッチフレーズですね^^
手持ちのお金が725円になっても、逆風にも諦めずに立ち向かった長岡氏。
見習うところが非常に多い、素晴らしい方です。

 

スタートラインは毎日やってくる

 

f:id:mamamassan:20160307165107p:plain

サムガク紹介動画に出てきたフレーズです。
人生は何度でもやり直せるということなんですね!

学校に行けない子供たち、社会に溶け込めない人たちへのエールでもありますが、自分のやりたいことを抑えて生きるしかない何の資格も持たない しがない主婦でも、子育てに明け暮れて終わることはないよ^^って背中を押してくれているようです。

でも、あれですね、子供中心の生活になってしまうと、何かほかにやりたいことは・・・って聞かれたとき、意外とパッと浮かばないものかもしれませんねぇ(苦笑)
あきらめとかではなくて、それはそれで、ひと息ついたとき振り返ってみると、意外と充実してるな~って思えます^^

 

スタートも、ゴールも、どこを通って行くかも、全て自分で決める。

これがサムガクたちの心得なのかもしれませんね。

 

【関連記事】
 ⇒ 侍学園・長岡秀貴のwikiプロフと経歴!サムガクってSAMURAI養成学校?!
 ⇒ フリースクール校長・廣岡政幸|伊藤学校って義務教育?資格は?

 

スポンサーリンク

 

 

本日も最後までお付き合いいただき、ありがたき幸せにござる *^_^*♪

出典:ameblo.jp*city.sasayama.hyogo.jp*youtube.com