Yokattara Yondemite?

 よく読まれている記事です*^_^*♪
▼  ▼  ▼

杉田あきひろのスキャンダラスな現在。結婚や病気で入院していた噂は本当?!NHKおかあさんといっしょ9代目歌のおにいさん

 あきひろお兄さんの魅力的な歌声が大好きでした。
ルックスとのギャップも魅力のひとつだったんですよね。

『おかあさんといっしょ』では、りょうこお姉さんの中途半端な歌唱力をあきひろお兄さんがグググイッと引き上げて、本当に息ピッタリ、声のトーンもピッタリのお二人でした。
このお二人のハーモニーが一番のお気に入りでした。

 

大好きだった歌のおにいさんが逮捕されてしまいました。

あきひろお兄さんの歌声がどうしても生で聴きたくて、わざわざ5時間もかけて、小さな子供を2人連れて、コンサートに行ったこともあります。

コンサートで直接ご本人にお会いして渡すのを楽しみに、ご自身のお部屋に飾ってもらう表札(?)を手作りしました。
額縁のガラスが割れないように、風船のように空気が入る透明のラッピングを施して。

「スッゲー!!! 手作りですか?! マジでもらっていいんですか?!」なんて言って、めっちゃ喜んでくださいました。
今でもお部屋に飾ってくれてるのかなぁ・・・(T_T)

 

ちっとも知りませんでした。
けっこう前から覚せい剤使用の疑いが持たれていたんですね。

2000(平成12)年12月23日(土)発売の「サンデー毎日」で報じられていたようです。

そして逮捕・・・2016年4月13日(水)のことです。
私にとっては近年で最もショッキングなニュースでした。

残念ながら4月1日(エイプリルフール)ではありません。

 

育児に行き詰まり、疲れ切ったココロを、あの力強く優しい歌声にどれだけ癒やしてもらったことか。

私たちには、具体的に何があったかを知るよしもありません。
でも、あなたには「歌声」という武器があります。
立ち直ってほしいです。

 

2000年といえば、NHKおかあさんといっしょで「うたのおにいさん」として活動してた最中ではありませんか。

激務だったのかな。疲れが取れる薬だよって言われて使っちゃったのかな。
それとも誰かにハメられたのかな。・・・・・・出来心?

いろんな思いがぐるぐるします (@_@;)

 

あきひろお兄さんのwiki風プロフィール

あきひろお兄さんといえば、NHKおかあさんといっしょ9代目「歌のお兄さん」としての顔しか知らない方も多いかもしれませんが。

実は、1989年に出演した「レ・ミゼラブル」が有名な、ミュージカル俳優さんなんですよ。

子供のころから音楽が好きで、学生時代には吹奏楽部に所属し、トランペットを吹いていたそうです。

f:id:mamamassan:20160414151605p:plain

何か・・・違う人みたいですけど。

 

【名 前】杉田 あきひろ
【読み方】すぎた・あきひろ
【英語表記】Akihiro Sugita
【本 名】杉田 光央〔すぎた・あきひろ〕
【性 別】男性
【生年月日】1967(昭和42)年5月4日(木)
【年 齢】48歳(執筆時)
【干 支】未〔ひつじ〕年
【星 座】牡牛〔おうし〕座
【血液型】O型
【出身地】福井県小浜市
【高 校】福井県立若狭高等学校
【大 学】慶應義塾大学 文学部 哲学科(美学・美術史専攻)
【特 技】英会話、トランペット、シャンソン
【職 業】ミュージカル歌手
【所属事務所】HEROX エンターテイメント(2013年4月~)
 ※2016年4月14日16:30現在、サイトが開けません
【身 長】177cm
【結 婚】どうやら既婚・・・という噂(2006年)
【子 供】不明
【ペット】猫2匹「ペーゼラ(メス)」「パーチック(オス)」
 2匹を合わせて「ペパ」って呼んでるみたいです
 2010年に杉田家にやって来たんですって

f:id:mamamassan:20160414164443p:plain

 

スポンサーリンク
 

 

誰だこの陸(おか)サーファー?!

・・・って思った人が多かったでしょう。

あきひろお兄さんが登場したときは、そりゃもう驚きました。
登場したときというか・・・私が彼を初めて見たときは既に「〔おか〕サーファー」みたいなルックスへ変貌を遂げていたんですね。

NHKの歌のお兄さんに就任したのは1999(平成11)年のことでしたから、うちの長女(第1子)が生まれる3年前。
任期は2003年4月5日まででしたから、2002年の秋に生まれた長女が生後6か月になるころまで、ほんの半年ほどしかNHKでは会えなかったんですね。

なのになぜこんなに昨日のことのように覚えてるんでしょね。
それぐらいキョーレツだったんですよ、陸サーファーの印象が。

見かけが「お兄さん」じゃなかったし。

それに、初めてお目にかかった2002年の終わりごろには、お兄さんは既にアラフォーに差し掛かるころで、見かけだけではなく、中身も既に「お兄さん」の域を出ようとしていたわけです。

 

というか、覚せい剤使用の疑いを持たれた時期ですよ、陸サーファーみたいなルックスに転じていったのは。

最初は、8代目の速水けんたろうお兄さんを目指していたとかいうお話だったんです。
なのに、翌年から、えらい日焼けして真っ黒になって。

何を吹っ切ったのやら、おにいさん歴2年目にして、顔グロ茶髪を地で行く、NHKのおエラいが青ざめそうな、「おかあさんといっしょ」にあるまじき的な見かけになっていくわけです。
それが2000年でしたよね。スクープされた年です。

 

酒井法子さんのときも、「今から思えば、妙にテンションが高くて、いつもやたらハイだった」なんて話が後出しジャンケンみたいに噴出しましたけど、やっぱり何かあるんですかね、「あぁ、何かおかしいと思ってたら、やっぱりね」的なものが。

 

関連する犯罪の法定刑は?

◆覚醒剤取締法違反(所持・使用)・・・10年以下の懲役
◆覚醒剤取締法違反(営利目的の所持)・・・1年以上の懲役

 

営利目的で所持しているほうが罪が重くなる(使用者より売人のほうが厳しく罰せられる)という認識でいたんですが、ちょっと違ったみたいですね。

 

2008年3月ごろは相当ヤバかったらしい

あきひろお兄さんが「おかあさんといっしょ」を引退して5年。
OB=うたのおにいさんとしてコンサートに出演したときは、けっこうヤバかったようです。

もともとの色の黒さが手伝って、げっそりと病人のようにやつれた顔。
何か病気でもしているのかと観客を心配させました。

音程も外しまくり、歌も間違えまくり、演奏と歌がズレまくり、MCは噛みまくり、ろれつが回っていなかったというのです。

・・・・・やっぱり やってたの?

 

この後ですね、入院されたのは。
2008年3月29日・30日の中野サンプラザでのコンサートを休まれています。

代役は大先輩の坂田おさむお兄さんが務められたとのこと。


そしてマンションの水漏れ事件もコッソリ話題になってましたね・・・。

 

スポンサーリンク
 

 

それでもやっぱり私にとっては唯一無二の歌声

あきひろお兄さんの美声の無駄遣いだなぁ・・・と思うわけです。
芸能界って難しくて怖いところですね。

売れなければ、上手くても何にもならないんですもん・・・。

 

YELL〔エール〕(いきものがかり)

 

「翼があるのに飛べずにいる」なんて歌われたら、涙が・・・。

才能があってもチャンスがつかめなければ埋もれて終わる・・・本当に恐ろしくもったいなく、そして悲しくて切ないです。

 

あしたははれる

 

2011年3月25日にアップロードされています。

震災でお亡くなりになられた皆さんのご冥福をお祈りします。
そして被災された皆さんには、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く、皆さんに穏やかな時間が戻りますように・・・。

復興の祈りを込めて、坂田おさむさんが作られた「あしたは はれる」を歌いました。
非力な僕たちですが、音楽の力で皆さんに元気と笑顔をお届けすることができたら幸いです­。

あしたは、はれる!

 

自分も苦しんでもがいて、深く暗い海の底にいたのかもしれません。
それでも歌声で被災者の皆さんを励まそうとした あきひろお兄さんを、皆さんが軽蔑しても、私は応援したいと思います。

 

最後に私のお気に入りの美声を聴きながらお別れしましょう。

 

浜辺の歌

 

スポンサーリンク
 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

出典:akihiro.blog.jp*amazon.co.jp*mayukw.exblog.jp